鬱病のチェックで早めに気付く~早期発見でストップ重症化~

女性

目には見えない病気

悩む男性

鬱病とは

鬱病は社会の多くのストレスによる負担が脳にかかり、それが原因で発症する病気と言われています。うつ病は本人ではなかなか気づきにくく、体のだるさや向上心の低下は疲れによるものだと誤解してしまいます。そのため気づいたときには病気の進行がだいぶ進み、入院を余儀なくされてしまう可能性があります。それを未然に防ぐために鬱病チェックというシステムを使うと、自分が今どのような状態なのか一目で見ることが可能となります。チェック項目は簡単な項目で表現されており、初めて行う際でも戸惑わない位の内容になっています。自分がチェックしたチェックマークの数によって、今自分がどのような立ち位置にいるのかそして今後はどのような対策をしたら良いのかといった内容が表記されるようになります。1番は病院での診察をうけることですが、なかなか気づかないものなので日頃の習慣の位置づけとして鬱病チェックシート行うようにすれば、今後発症してしまう可能性のある鬱病を回避することができます。また鬱病の主な症状は、極度の緊張、不安、意欲の低下、興味の消失、様々な欲の低下などがあげられます。こういった症状は脳の中で、情報を伝達するモノアミンという成分が低下することで引き起こされるとされています。先ほどの鬱病チェックで少しでも当てはまる、鬱病という結果になったという人は病院の診察を受けることをお勧めします。少しでも早く治療行うだけで症状の進行を抑えることができます。自分の体のことを第一に考え、少しでも鬱病に理解のある生活を送るようにしてください。

治療法のあれこれ

鬱病の治療には3つの方法があり、休養、精神療法、薬物療法などがあります。鬱病の基本的な治療は体を休めて、気分を落ち着かせることから始まります。体を休めることは今まで受けてきたストレスを一度リセットすることができ、気分も晴れやかなものとなります。ですがそれでも症状が良くならない場合、薬剤を使って薬物治療を行ってきます。薬物治療行っていく場合、薬による副作用もいくつか起きてきます。症状としては頭痛、便秘や下痢、口の渇き、眠気、吐き気などが起きます。薬剤を使用した治療は効果があり、鬱病の症状悪化を抑えてくれますが、日常のストレスで薬では抑えきれないストレスを受けると非常に危険です。普段は薬で抑えられている症状などが、抑えきれないものとなってしまいます。また普段薬を使用していると服用しているから普段の生活に戻っても大丈夫とは思わず、無理な事はせず自分のできる範囲内のことを行うようにしてください。あまり自分に負荷をかけすぎると知らずの間にストレスが少しずつたまっていくので要注意です。薬剤治療の他に、精神療法などもあります。精神療法では、医師やカウンセラーの人が少しずつ会話を行い、ストレスの渦から抜け出させてくれます。少しずつですが自分の力で乗り越えることができるので、今後また同じようなことが起きても自力で抜けだすことができます。少しでも鬱病に向き合うだけでも、鬱病に対しての考え方や今後の付き合い方がわかってくるので決して逃げずに向き合うことにしてください。

自分で出来る心の健康管理

女医

鬱病の治療というものは、一般的には困難と認識されています。しかしそれは、ただ病気に合わせた薬の服用とか、そうした治療しかしない場合が多いからです。実に鬱病を正しく理解して、その日常生活の中の、発症の要因というものをチェックして解決できれば、その治療は決して不可能ではないのです。

View Detail

現代人が抱える心の病

ハートを持つ看護師

鬱病の治療方法は、心のケアと薬による精神安定、そしてなにより休むことの3つを主軸において行われます。もし心のだるさや原因不明の体調不良に見舞われた際には、鬱病のチェックを行うと良いでしょう。

View Detail

正確な診断が必要となる

カウンセリング

鬱病かどうか知りたいという人は、ネット上の診断サイトを活用してみるといいかもしれません。項目をチェックするだけの簡単なものとなっています。また、信頼できる心療内科を探しておくことも大切です。いざという時に役立ちます。

View Detail